珠肌のうみつシワ専用クリームのチカラが口コミで大評判!【送料無料】

珠肌のうみつシワ専用クリームのチカラがなぜ口コミで大評判?その理由とは?

◆つるつるタマゴ肌◆

チカラの違いで、自ら潤う肌へ。

「老けて見られる」理由をご存知ですか。それは年齢とともに、コラーゲンやエラスチンなどの潤い成分が低下してしまうからでした。実は20代の頃よりも70%も低下してしまいます。

あれもこれも試しても満足できなかったのは、本当はきちんと潤っていなかったからかもしれません。その秘密は「自ら潤うことができる肌」になっているかどうか。それが重要なのです。

「珠肌(タマハダ)のうみつ」は、千年の都・京都にある「ファーマフーズ」の研究所で生まれました。タマゴのチカラに魅せられた研究者が、18年以上もかけて見つけ出した成分こそが、「LOX活性卵殻膜」だったのです。

昔から言われてきた美人の代名詞「つるつるタマゴ肌」の秘密は、実は「タマゴの中」にありました。ピーンと肌をのばす、卵の薄皮のすごいチカラ。世界初シワ専用プレミアムクリーム『珠肌のうみつ』の誕生です。

☆LOX活性卵殻膜のチカラ!

タマゴ肌の「真の秘密」は長い間解き明かされず、神秘のベールに包まれていました。しかし、ついにその秘密が解明されたのです。その秘密こそ卵殻膜に含まれる「LOX」なのでした。

☆こんな特徴!

●LOX卵殻膜

美肌力の秘密、酵素"LOX"のチカラを残したLOX卵殻膜として、世界で初めて化粧品への配合に成功。年齢ともに失われがちな肌の弾力をサポートしてくれます。

●3種類のペプチド

ターンオーバーという言葉をご存知ですか。角質がはがれ落ちて入れ替わる肌周期のことです。EGF様ペプチドが肌の表面から奥まで浸透し、正常なターンオーバーを促してふっくらした肌へと導いてくれます。

●2種類のコラーゲン

美容成分の代名詞と言えばコラーゲン。分子量の違う2種類のコラーゲンが配合されていて、肌のすみずみまで潤いを与えてくれます。

●3種類のセラミド

保水・保湿にすぐれ、美肌作りの基礎となるのがセラミド。外的刺激から肌を守るバリア機能を高めてくれます。

●3種類の植物成分

マカデミアナッツ、セイヨウトチノキ、シャクヤクの3種類の植物由来の成分が配合されていて、肌に若々しいハリと弾力を与えてくれます。

●卵白ペプチド

豊富なアミノ酸を含む卵白。肌に大切な皮脂と潤いを守ってくれます。

☆定期コースがお得!

今なら、「珠肌のうみつ」約1ヵ月分通常価格12,000円(税抜)が、定期コースで申し込めば7,000円(税抜)【送料無料】で購入できます。しかも、2,800円相当の7日分お試しセットとCCクリーム(約6日間分)までプレゼント。たまご肌を始めるなら、定期コースがおススメです。

珠肌のうみつシワ専用クリーム販売サイトへ

珠肌のうみつシワ専用クリームのチカラが口コミで大評判!もっと詳しく配合成分を知りたい!

酵素とは?

あなたは「発酵食品」と聞いて何を思い浮かべますか。

代表的な物としては「味噌」「醤油」「酢」それに「お酒」、「紅茶」に「烏龍茶」、「漬物」「キムチ」「アンチョビ」「納豆」「鰹節」などがあります。他にも「チーズ」や「バター」、「パン生地」と、主な物だけでも本当に多種多様に作られているのでした。

発酵食品とは、新鮮な食材に手を加えることで発酵を促し、新たに保存食として製造された物全般を指しています。手を加えるとは、例えば日本酒であれば麹菌を加えて、発酵させた「もろみ」を絞って、あの芳醇な味と香りを完成させるのです。発酵は特定の微生物が持つ酵素によって行われるのでした。

食品の中の糖類が分解されて、乳酸やアルコールなどが生成されることを発酵と呼んでいます。アミノ酸やタンパク質が分解される「腐敗」とは全く異なるものです。

体内にいる酵素はもっとすごい働き者です。消化・吸収・輸送・代謝・排泄の全てに深く関わっていて、体の中で日々繰り返されている生命維持の活動を、それぞれ得意分野にのみ作用する酵素たちが支えてくれているのでした。もしも酵素が無かったら、食べた物がうまく吸収されなかったり、必要な場所に必要な栄養が届かなかったりもするのです。

現在では、どの酵素がどんな働きをするのか。どんな素材により多く含まれているのかが分かって来ています。体内の代謝を高めてくれるダイエット効果も、各方面から大変に注目されて、とても大きな期待が寄せられています。「珠肌のうみつ」でチカラを発揮するLOXも、こうした頼もしい酵素たちの仲間なのでした。

コラーゲンて何?

細胞外基質の主成分で、人間の骨や軟骨、真皮※1や靭帯(ジンタイ)、腱(ケン)などを形成している硬タンパク質です。

※1(シンピ)皮膚の表皮(上皮層)の下にある強靭な結合組織層。弾性線維・膠原(こうげん)線維および脈管・神経を含む。by広辞苑

熱処理するとトロリとしたゼラチン状となるため、脂質の一種のようにイメージされているかも知れませんね。その性質は広く利用されていて、今では医療や美容の分野で欠かせない存在となっています。

特にコラーゲンの持つ保湿性は早くから着目されていて、動物(豚、牛)や魚類(鮭、平目、鱸など)の皮革や鱗から多く抽出されています。酵素で分解処理されたコラーゲンペプチドは低分子化で水溶性が高いために、健康食品の分野では主にドリンク剤として販売されて来ました。

コラーゲンがスキンケアに欠かせないのは、お肌の土台である真皮の大半がコラーゲンで出来ているからです。もしもコラーゲンが足りなくなると、当然の事ながら皮膚は弾力を失ってしまい、シワやたるみの原因となるだけではなくて、体全体の老化をも確実に速めてしまうのでした。

コラーゲンは生活習慣病の予防にも欠かせません。

血管の老化を例えるのに、放水用のゴムホースが挙げられます。経年劣化して弾力を失くしたホースは硬くなり、ついにはあちこちがヒビ割れて漏水したり、内部が詰まって水が流れなくなったりもするのでした。これが人間の血管で起きることを動脈硬化と呼んでいます。

万が一、ボロボロの血管に何かが詰まれば、血栓となって血液の流れをさえぎり、その先へは栄養も酸素も届かなくなってしまいます。脳で起これば脳梗塞、心臓で起これば心筋梗塞と言うわけでした。

あなたのお肌のためにも、若々しい体作りのためにも、コラーゲンが大切な成分であることは間違いありません。

ペプチドって何なの?

人間の細胞を作るタンパク質が、20種類のアミノ酸で構成されている事はご存知でしょう。この内、体内で生成できない9種類を必須アミノ酸と呼んでいるのでした。

2個以上のアミノ酸が、ペプチド結合(一方のカルボキシ基と他方のアミノ基が脱水縮合した状態)した物をペプチドと呼んでいます。2個がジペプチド、3個がトリペプチド、4個がテトラペプチド、5個がペンタペプチドなどと名前が付けられているのです。

又、ざっくりとした区分けで、アミノ酸が10個以下の物をオリゴペプチド、それを超えるとポリ(たくさんの)ペプチドと呼んでいます。ポリペプチドとはタンパク質のことでした。

ペプチドには細胞の増殖促進や活性化などの作用があって、グロスファクター(細胞成長因子)の役割を果たしています。体の各機能を刺激してお肌の健康維持も担ってくれているのですが、ストレスによる体調の変化や加齢の影響で生成が阻害されてしまうのでした。

主なペプチドの働きをご説明します。

EGF(表皮成長因子)は、皮膚表面の細胞を活性化して、成長を促してくれる成分です。FGF-2(塩基性線維芽細胞成長因子)は体内の臓器や筋肉、血管などに作用して、細胞の正常な分裂を促進してくれるのでした。再生医療への応用も期待も大いに高まっているそうです。IGF(インスリン様成長因子)は、インスリンとよく似たペプチドです。DNAの合成にも関与する大事なペプチドなのでした。

セラミドがどういいの?

セラミドとは、遺伝子を含む細胞膜の中に存在する濃度の高い脂質のことです。言わば細胞を守る外壁のような存在なのでした。このセラミドが体内で充分に生成されないと、乾燥肌や敏感肌、アトピー性皮膚炎などの深刻な症状を引き起こすことが分かって来ました。

アトピーには、基本的に二種類があります。一つは環境などの外的要因によるもので、もう一つは遺伝子の異常が引き起こすものでした。

前者を例に挙げるなら、細菌や部屋の汚れ(ハウスダストやダニ)、動物の体毛などの抗原(アレルゲン)が体内に侵入することで発症します。外敵(細菌やウイルス)と戦う白血球やマクロファージなどが、異常な免疫反応で自身の肌を攻撃してしまうのでした。化学物質に囲まれた生活環境や、エアコンなどによる極端な乾燥も、後天的なアレルギー反応の主な原因として考えられています。日常的に受ける強いストレスも、正常な免疫反応にかなりの悪影響を及ぼしているのでした。

そして後者は、親から受け継いだ特異な遺伝子の情報によるものです。細胞のバリアを作る遺伝子に変性があるために、セラミドが不足して皮膚を守れなくなるのです。セラミドの失われた皮膚(角質)の表面は、まる裸の細胞がむき出しの状態であると言っても過言ではありません。保湿力のない肌はひどく荒れ果て、つらいかゆみや炎症へとつながっていくのでした。

昨今では「ステロイドによる恐い副作用」が明らかとなって来ています。眼科医の間では網膜に多大な障害を与えることでも知られています。あなたの敏感肌やアトピー肌の状態がそれほどひどくないのであれば、良質なセラミドを補うことで、期待以上のスキンケア効果を実感できるに違いありません。

ヒアルロン酸まで配合?

ヒアルロン酸と聞くと、最近では美容成分の代表格として思い浮かびます。お肌に良いだけではなくて、体内のさまざまなところで水分を保持したり、細胞を修復したりしてくれています。主に関節の軟骨の中に含まれているのでした。ヒアルロン酸は、軟骨のなめらかな働きをサポートしてくれる大切な成分でもあるのです。

グリコサミノグリカンと言うムコ多糖類の一種で、非常に粘り気が強く、弾力性があることで知られています。体内で生成され、膝においては、関節液や軟骨の中で潤滑油の役割を担ってくれているのでした。

しかし、30代あたりから生成される量が次第に減少して行きます。40代に入ると、ぷるぷるだった赤ちゃんの頃の半分程度になってしまうのでした。ヒアルロン酸が不足すると、お肌は保湿力を失い、乾燥肌や肌荒れの原因となって、さらに老化を早めてしまう怖れがあります。「珠肌のうみつ」が口コミで大評判の理由は、これら配合成分とタマゴのチカラの総合力にありました。

このページからも『珠肌のうみつ』公式サイトへリンクが貼ってありますので、ご紹介した基礎的な知識を参考に、初めてでも安心なさらなる嬉しい情報を是非じっくりとご覧になってみて下さい。



「乳液とクリーム」

乳液とクリーム。あなたはどちらをお使いですか。両方、と言う人がいるかも知れません。実は、二つの区別をされずに、あいまいなままお使いの女性が大変に多いのです。

もともと乳液もクリームも、油分を補う目的に違いはありません。お気に入りの美容液などとの組み合わせによって、乳液は保湿性の高いセラミド入りの物を選ぶと良いでしょう。

では、両者はどう違うのか。

簡単に言えば“油分の濃度”なんです。30代から分泌の減る皮脂の代わりに、肌を乾燥から護るために使用するのですが、基本としては乳液だけで良いと考えて下さい。クリームをお使いになる場合は、年齢の出やすい目もとや口もとなどに、ワンポイントとして濃厚な油分を補って上げるのです。お肌の中でも、動きの激しい場所ほど早く老化して、乾燥した状態がシワなどに繋がるからでした。気になる部分にワンポイント。あとは乳液で十分でしょう。



「UV(紫外線)対策の基本」

気をつけたいのは使用量。どんな日焼け止めを使うにしても、塗りむらがあったり、決められた使用量を守らなかったりすれば、正しいUV対策をしているとは言えません。「気休め」にならないよう、基本をおさらいしておきましょう。

手順

@ 日焼け止め化粧品の適量を手のひらへ。適切な量を使わなければ、UVカットの効果はありません。
A 二本くらいの指先(中指と薬指)で、まずは顔全体に隙間なくのばして下さい。メンドウでも塗りむらがあれば、その部分だけがシミになる可能性があります。クセのようなもので、いつも同じ場所が塗られていないことが多いのです。ふだん髪の毛に隠れているおでこや耳の周りもデンジャラスポイントでしょう。
B 次に、日焼けしやすいとされる頬骨や鼻のあたりに重ね塗りをしていきます。この場所が張り出しているためで、丁寧にカバーして上げて下さい。
C UV対策の仕上げは、パウダーファンデーションです。ただ、1〜2時間ほどの外出であれば、ファンデーションだけでもかまいません。もしあなたが敏感肌なら、より刺激の少ないルースパウダー(粉おしろい)を試してみても良いでしょう。
D 長時間の外出や汗をかいた時など、化粧くずれしてきた場合はもう一度塗り直して下さい。UV対策に油断は禁物。化粧くずれした肌は、紫外線のかっこうなエジキとなります。

※但し、真夏の海水浴や冬のスキー場など、強烈な紫外線をあびる際などは要注意です。あなたがノーマルの肌ならSPF50・PA+++、敏感肌でも SPF30・PA++の高レベルの化粧品がおすすめです。もちろん無添加のものを選びたいところですが、1〜2日の使用であれば、UVカットにすぐれた吸収剤入りのものでも良いとされています。

珠肌のうみつが大評判!利用者の口コミ、感動実感のコメント

◆お母さん!肌がピカピカしてるよ
「少量ですごく伸びるのでコスパが抜群ですね(笑)。使い始めて1週間くらいで娘から、『お母さん、肌がピカピカしてるよ』と言われ、2週間くらいで『こっそりエステに行ってるんじゃないの?』と言われるほどになりました。これからも変化が楽しみです。」(52歳 女性)

◆じわぁーっと浸透
「今まで化粧水→美容液→クリームでケアしてましたが、今は化粧水後の『珠肌のうみつ』だけで満足してます。少量ですごく伸びるのはやっぱりタマゴの力?もっちりしていいものを使っている実感があります。」(35歳 女性)

 
珠肌のうみつシワ専用クリーム販売サイトへ

このページでは、スキンケアをご希望の方々が安い価格や料金で珠肌のうみつの通販や申し込みが出来るように、楽天やamazonなどのショッピングモールの販売店を調べ、激安、格安、最安値、送料無料、代引き、コンビニ後払いOKで購入出来るかどうか、無料、お試し、トライアルキッド、トライアルセットがあるか、ポイントはあるか、値引きはあるか、返金、返品保証、保障はあるか、などの情報を紹介する予定です。珠肌のうみつ公式サイトやブログ、コマーシャルやCM、コンビニ、専門店、動画などを情報源に、Twitterの口コミ、facebookのクチコミ、スキンケアに関するブログ、レビュー、酵素、若返り、すべすべ、陰、化粧、キレイ、肌、スキンケア化粧品、美容液、化粧水、脂性肌、年齢肌、混合肌、敏感肌、アトピー肌、クレンジング、オイル、洗顔、メイク落とし、つや肌、うるおい、ハリ、ほうれい線、目じり、シワ、たるみ、浸透力、ミネラル、エイジングケア、アンチアイジング、お手入れ、美肌、美白、素肌、頬、顎、額、小じわ、もっちり、しっとり、フェイスライン、フェースライン、くすみ、シミ、そばかす、皮脂、食べ物、皮膚科、石鹸、毛穴、中学生、高校生、BBクリーム、即効、速効、口もと、肌荒れ、角質、ビタミン、栄養素、コラーゲン、ペプチド、オールインワン、パラペンフリー、ゲル、ジェル、セラミド、ヒアルロン酸、グルコサミン、コンドロイチン、モイスチャー、モイスト、アルブチン、レチノール、エキス、トラネキサム酸、エラスチン、ローヤルゼリー、透明感、質感、真皮、角層、幹細胞、保湿、使い方、使用方法、選び方、やり方、飲み方、作り方、服用方法、サプリ、デコルテ、女性用、首、ぶつぶつ、ぽつぽつ、原料、材料、素材、安全性、有効性、天然、自然などを調べて、感想、評価、評判などを参考に、効果、効能、結果、成果、簡単、手軽、春、夏、秋、冬、梅雨、真夏、真冬、紫外線対策、加齢、年齢、アラサー、アラフォー、アラフィフ、信憑性、効果なし、効果ない、嘘、詐欺、被害、隠ぺい、偽物、紛い物、唇、すっぴん、メリット、デメリット、男性、メンズ、10代、20代、30代、40代、50代など、ケースによっては人気ランキング形式などで比較しておすすめして行きます。オークション情報(ヤフオクなど)、在庫、在庫有り、即納、正規、正規品かどうか、YouTube、動画、スキンケア大学、NAVERまとめ、アットコスメ(@COSME)、VOCE、Domani、Grazia、MISS、女性誌などからの情報やスキンケア大学、テレビ、雑誌、週刊誌の話題、特集、記事についても調査して行きます。

ライブチャットを始めるには?はコチラ